FC2ブログ

たーばにすと

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/29

買ったCDもTSUTAYAでレンタルしたCDも全部WAVで取り込んだりしていたせいか
PC本体のHDD容量がまたやばくなってきた…そろそろ整理して外付けに退避しないと。
騒音対策の完全版としてPC本体の配置換えもしたくなってきてしまったので(^-^;、
休憩時間を利用してぼちぼち進めていきましょう。


ひだまりラジオ×ハニカム
まどか後のにわか丸出しですが、
塗り作業しながら一気聴きで4期の頭まで追いついた面白すぎる…!
バックナンバーが全部聴ける太っ腹さに完全におんぶに抱っこ状態。
とりあえずこれでアニメ4期にもラジオの月一更新にも乗っかっていけるので楽しみ。


4Gamer.net ― 本日稼動の「beatmania IIDX 20 tricoro」ファーストステップガイドを掲載。トップランカー,TANMEN氏も納得の最新作を徹底解説

地元でも正式稼動したのでちょっとだけ見てきました。
モード選択画面からシームレスで選曲画面に移行する演出が格好良かったですなー!
BGM周りはロケテでは音量が小さくてちゃんと聴けなかった部分なので。

オプション周りの変更は痒いところに手が届くって感じで
めちゃくちゃありがたいです、特に液晶新筐体における判定タイミング調整。
にしてもいざ全部一覧で表記されるとめちゃくちゃ複雑に見えますねw
上の記事も、既存ユーザー向けの変更点までずらっと羅列しているので
「新規さんが文字通りのファーストステップとして」読むとなるとわかり辛くなってしまうかも…。

とはいえ、実際には曲開始前にハイスピード調整の説明が入るため
新規さんはオプションを「触る必要自体」なく、心理的な負担はだいぶ減ったのでは?
STANDARDモード移行までにビギナーオプションだけ押さえられれば大丈夫そう。

ここからは完全に自分の主観オンリーなのでアレなんですが
今作は現在のところ、ここ数作でずば抜けて「演奏感がある」と感じました。

この言葉の意味については、
自分は楽曲それ自体や譜面配置の問題ではなく、音量調整の問題だと思ってます。
今作では各ボタンに割り振られた音(キー音)のボリュームが全体的に大きくなっている印象で、
「自分がボタンを押したことで音が鳴った!」という実感=演奏した気分=楽しさ
が、より強くなってるように感じられます。
この一点が、自分が音ゲーに感じた魅力の一番根っこの部分。(DDRは運動+キャラ萌なので例外)

16 EMPRESSあたりから特に、ギャラリー向けに全体のバランスを重視したせいか
キー音とバックの音にほとんど差がない仕様になってしまい、
やってる本人は聴覚的にはまったく盛り上がれず
ミスをした時ばっかり「音が途切れて恥ずかしい!」という状態が続いていたので、
4年待ったぜ!帰ってきてくれてありがとう!と叫びたい気分。
いまや自分で音量弄れるCS版のリリースも無く、アーケードの仕様が全てですし。

もちろんデータ的な裏付けはないので、的外れだったらマジ恥ずかしいんですが(^-^;、
自分は久々にテンション上がりまくってます。
いずれ心置きなく堪能できるように色々頑張ろうと思う…!!

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。